マイナビバイト
比較する

高校生~社会人、主婦(夫)まで幅広い世代に支持されている。
マイナビバイトは仕事の情報量が豊富で、多数の特集も取り上げている。
掲載料金が関東では40000円~が標準で、そこに、企業様に合ったオプションを追加していく形。
また往来のように求人広告費を払い掲載という形だけでなく応募と同時に料金が発生するシステム、エントリープラン(応募課金制)もある。

【強み】
マイナビバイトは掲載料金が安い4週間掲載できるプランがあり、低コストで長く載せることが可能。
応募があった時に初めて料金がかかる応募課金制(エントリープラン)もある。
就業意欲が高まっている主婦(夫)に向けたパートサイト「マイナビパート」、地域に密着した「エリア版」に同時無料掲載され、ユーザーに広くアプローチできる。
25種類もの多様なオプションで、あらゆる角度から求人情報の露出が可能。

【弱み】
1職種1勤務地という縛りがある。掲載後には変更できない。
(1週間ごとに職種と勤務地を途中変更できるプランも実装された)

【ポイント】
スマートフォンアプリでは「フリーター版」、「大学生版」、「高校生版」と、各ユーザーにあった検索システムを採用しており、若年層の応募も見込める。
原稿の修正が無料で何度でもできる。
自動返信メールでオリジナルの返信メールの設定が可能により、連絡方法など詳しく書き込むことができる。
管理画面から選考状況の管理や、求人情報の日別のアクセス数・応募数が確認可能。

掲載料金

関西4週36000円~  1応募(応募課金プラン)8,000円~

媒体種類

ホームページ

http://baito.mynavi.jp/

特長・メリット

総合求人媒体(全職種掲載)
公的機関運営の求人媒体
女性・主婦に強い
学生・若年層向け
アルバイト掲載メイン